ごちそういなり

ごちそういなり

料理研究家 白井操さんに聞くレシピ

ごちそういなり

ごちそういなり

By admin 公開: 1月 1, 2017

  • 出来上がり量: 20個

料理研究家 白井操さんに聞くレシピ

材料

作り方

  1. すし揚げはまな板の上にのせ、丸い箸などで上から押さえながら転がす(袋が開けやすくなる)。鍋でゆがき、水気を絞る。
  2. 鍋にAを入れて(2)を加え、ほぼ汁気がなくなるまで煮る。汁気を軽く絞ってまっすぐ半分に切り、袋状に広げる。
  3. ニンジンは千切り、干しシイタケは戻してみじん切りにし、サラダ油で軽くいためる。Bを加えてニンジンがしんなりするまで煮、すし飯が温かいうちに汁気を切って混ぜ合わせる。レンコンは皮をむいて丸のままさっとゆがき、穴に沿って花形に切り込みを入れて薄切りにし、Cの甘酢に漬ける。ミツバはゆがく。
  4. (2)のすし揚げに(3)のすし飯を詰めて逆さにする。ご飯の上にトッピングの具を彩りよくのせる。


関連記事

ページ上部へ戻る